シナリオコマンド一覧

Contents

モデル表示 ・操作 
表情 
音声 
画像表示 
字幕・吹き出し 
カメラ制御 
シナリオ再生 
Youtube 
効果・演出 
その他

モデル表示 ・操作

$load=model[数値] 組み込みモデル呼び出し
$load=[VRMファイル] 外部モデルの読込
$model=[数値] 操作対象のモデル指定
$pose=[数値] ポーズ指定
$motion=[数値] モーション指定
$delete=[数値|all] モデル削除
[数値] > 指定番号のモデル削除
all > すべてのモデルを削除
$moveup=[数値]
$movedown=[数値]
$movefront=[数値]
$moveback=[数値]
モデル移動
[数値] > 1がGUIの矢印1クリック
$turnleft=[数値]
$turnright=[数値]
モデル回転
[数値] > 1がGUIの矢印1クリック
$moveforward=[数値]
$moveback=[数値]
モデルの前進・後退
$walk=[数値] 「歩く」モーションで前に移動
$modelscale=[数値]:[数値]:[数値] モデルのサイズ設定。
各数値のデフォルト値は1.0
TOPへ戻る

表情

$fun 笑い
$joy 喜び
$angry 怒り
$surprized 驚き
$sorrow 悲しみ
$extra バッテン目
$blinkr ウィンク右
$blinkl ウィンク左
$resetface デフォルトの表情
$shy 照れ(一部モデルのみ)
$fear 怖い(一部モデルのみ)
$tears 涙(一部モデルのみ)
$resetmouth デフォルトの口
$lookat=[on|off] 視線制御
$blink=[on|off] まばたき
$talk=[on|off] 口パク
※オンの間、口パクを継続します。
TOPへ戻る

音声

音声ファイルはWAV形式/OGG形式に対応しています。

$voice=[音声ファイル] 口パク付き音声再生
$volume=[数値] 0.0~1.0
$bgm=[音声ファイル] BGM再生
$bgmvolume=[数値] 0.0~1.0
$sound=[音声ファイル] 効果音再生
$soundvolume=[数値] 0.0~1.0
TOPへ戻る

画像表示

$image=[on|off] 前景画像の表示切替
$image=[画像ファイル] 前景に画像を表示
$imagesize=[幅]:[高さ] 画像サイズ指定
$imagemoveleft=[数値]
$imagemoveright=[数値]
$imagemoveup=[数値]
$imagemovedown=[数値]
画像表示位置を移動
$imagereset 画像位置とサイズを初期状態に
$bgimage=[on|off] 背景画像の表示切替
$bgimage=[画像ファイル] 背景に画像を表示
TOPへ戻る

字幕・吹き出し

$text=[on|off] 字幕表示切替
$text=shadow 字幕文字に影を付ける。
$color=[色名|#16進数] 文字色を指定
[色名] > white/red/blue/green/yellow
[#16進数] > 例)#FFFFFF
$ccolor=[色名|#16進数] テキストクリア後に色変更。
$subtitleimage=[画像ファイル|#16進数] 字幕背景の画像/色を指定
$subtitleimage=off 字幕背景画像を非表示。
$subtitleimage=tarnsparent 字幕背景画像を透明にする。
$subtitleimage=default 字幕背景画像をデフォルトに。
$cleartext 字幕内の文字を消去
$dialog=[on|off] 吹き出し表示切替
$dialog=[文字列](;pos:[数値]) 吹き出しに文字を表示
$hidedialog=[on|off] 文字表示後に吹き出しを消す
TOPへ戻る

カメラ制御

$camera=fixed 話者にカメラを固定
$camera=normal 通常カメラ
$cameraup=[数値]
$cameradown=[数値]
$cameraleft=[数値]
$cameraright=[数値]
$camerafront=[数値]
$cameraback=[数値]
ノーマルカメラ位置移動
数値はクリック回数
$camerapositionx=[数値]
$camerapositony=[数値]
$camerapositionz=[数値]
固定カメラ移動
数値は座標系
デフォルト値 X:10 Y:1.75 Z:2.3
$camerarotatex=[数値]
$camerarotatey=[数値]
$camerarotatez=[数値]
カメラ回転
数値はクリック回数 
$autocamera=[on|off](;speed:[数値]) カメラ自動回転
speed: > 回転速度
$loadcameradata=[カメラ情報ファイル] カメラ情報ファイル(.cam)を読込んで、カメラ位置や回転を設定します。
※カメラ情報ファイルは、スナップショット撮影時にPicturesフォルダに生成されます。
TOPへ戻る

シナリオ再生

$auto=[on(;time:[秒数]|off] シナリオ再生の自動送り
time: > 待ち秒数
$autoclicktime=[秒数] シナリオ自動送りの待ち秒数指定
$startscenario シナリオ再生を開始
$click 字幕クリック操作
$autoaction=[on|off](;time:[数値]) 自動アクション切替
time: > 周期秒数
$wgetaction=[on|off] アクションリストをWebから取得
$wgetactionurl=[url] アクションリストの取得先URL
$label=[ラベル] ラベルを設定します。
$jump=[ラベル] [ラベル]に移動します。
$setval=[変数名]:[値](:[計算タイプ) 変数を設定します。
オプション:
add 足し算
sub 引き算
mul 掛け算
div 割り算
$getval=[変数名] 指定された変数値を返します。
$val{変数名} セリフ中で変数値に置き換えます。
$deletevalue=[変数名] 変数を削除します。
$deleteallvalues 変数を全て削除します。
$if{変数名:比較式:値:コマンド} 比較式による条件が成立した場合、
シナリオコマンドを実行します。
比較式: = , <>, <=, >=, <>

例)$if{Name:=:Hachi:$joy@8}
変数[Name]が”Hachi”だった場合、
“$joy@8″を実行します。

例)$if{Power:>=:100:$fun}
変数[Power]が100以上だった場合、
“$fun”を実行します。
TOPへ戻る

Youtube

$youtube=[on|off] Youtubeコメント取得
$youtubereconnecttime=[秒数] Youtubeのコメント取得サイクル
$youtubedialogtime=[秒数] 1つのコメントを表示する時間
デフォルト60秒
$setcomment=[on|off] コメントを字幕に表示する時間
デフォルト3秒
$commentmodel=[on|off] コメント用3Dモデルを表示
$commentmodelxrange=[数値] 3Dモデル出現範囲(デフォルト:1.0)
$commentmodelzrange=[数値] 3Dモデル出現範囲(デフォルト:1.0)
$wgetreaction=[on|off] リアクションをWebから取得
$wgetreactionurl=[url] リアクション取得URL

※この機能を利用するためにはStreaming AsstesフォルダにあるApikey.txtにYoutubeDataApiのAPIキー、channelにコメント取得するチャンネルIDを保存しておく必要があります。

TOPへ戻る

効果・演出

$effect=[エフェクト名|数値] 指定されたエフェクトを再生
エフェクト名 > fire/water/magic/flame
$stage=[数値] 背景ステージ切り替え
1:部屋 2:街 3:無背景/ブルーバック
TOPへ戻る

その他

$gui=[on|off] GUI表示切替
$lockgui=[on|off] GUI表示状態をロック
※マウスやキーからは変更不可にする
$start=[Hachi4出力フォルダ] 字幕付き音声ファイル再生
$setdefautlpath [Hachi4出力フォルダ]を
hachi4ouput.txtに記載されたパスに変更。
$permissionview=[on|off] VRMモデル読込時のライセンスの表示切替
$title=[on|off] タイトル画面表示切替
$title=[タイトル名] ウィンドウタイトルの変更
$product=[on|off] 配布用の製品モード切替
TOPへ戻る

Categories:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA