モデルの呼び出し

顔アイコンから呼び出し

GUI上にある顔アイコンをクリックすることで、呼び出されていないモデルを登場させることができます。

既に登場しているモデルの顔アイコンをクリックすると、そのモデルにフォーカス(操作対象)が移ります。

シナリオコマンドによる呼出し

シナリオコマンドを使ってモデルを登場させることができます。

$load=model[番号]
$load=[VRMファイルパス]

を実行します。VRMファイルパスはフルパス指定でない場合は、StreaminAssetsフォルダから検索を行います。

Categories:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA