1.ダウンロード

HachiViewerPlusをここからダウンロードします。その後、ZIPファイルを任意の場所に解凍。インストール作業は必要ありません。

2.起動

フォルダ内にある”HachiViewerPlus.exe”をダブルクリックして起動します。

3.基本操作(マウスとキーボード)

とりあえずマウスとキーボードを操作して、キャラやカメラを動かしてみてましょう。

マウスの左ボタンを押しながらドラッグするとカメラ移動、右ボタンなら回転です。

[WASD]でキャラ移動、

カーソルキーでカメラを移動させることができます。

4.基本操作(ボタン)

もし画面にGUIが表示されていなければ、[V]キー若しくはマウスの中ボタンをクリックして表示してください。

画面の右上に上記のような顔アイコンのボタンがありますが、これらの顔アイコンをクリックするとそのモデルが画面に登場します。※CTRLキーを押しながらクリックすると表示中のモデルが消去されます。

上記の3つのボタンの左にある”<“ボタンをクリックすると、3体以外にも沢山の組み込み済みモデルが表示されます。

モデルが同じ場所に重なって表示されている場合は、白い矢印ボタンで位置調整できます。ちなみに円の矢印は回転、目閉じアイコンは瞬き切替、目開きアイコンは視線制御の切り替えになります。

このとき、どのモデルを操作するのかを指定するには顔アイコンをクリックします。

※”<“ボタンで表示される組み込み済みモデル一覧のうち、0番は外部ファイルから読み込んだモデルを操作する場合にクリックします。

表示されているモデルを消去する場合は、画面右上にある(0番ボタンの上)アイコンをクリックします。

5.外部モデル読込

HachiViewerPlusではVRoid等のVRMモデルを読み込むことができます。いったん画面の一番右上にある[*]ボタンでキャラクタを全て消去して、外部ファイルを読み込んでみましょう。

お手持ちのVRoidモデルのVRMファイルをHachiViewerPlus上にD&Dします。

読み込んだ外部モデルは画面右上の[0]アイコンをクリックすることで操作することができるようになります。

6.ポーズ/モーション

画面右のパネル内には[Pose][Motion][Face]というアイコンがあります。それぞれクリックすることでポーズ、モーション、表情を変更することができます。色々試してみてください。

VRoidモデルの場合、ポーズや表情を自分で編集することもできます。

HachiViewerPlus

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA