Version2.4からポーズ編集が可能となりました。

ポーズ編集パネルの表示

Quick Menu[Q]の[Pose Editor]ボタン若しくはGUI画面の[Pose]ボタンを[Shift + Click]でパネルの表示を切り替えることができます。

ポーズ編集パネルの使い方

・スライダーを動かして各関節を回転させます。
・[SAVE]ボタンをクリックするとPicturesフォルダにポーズ情報をシナリオコマンドで記述した”Pose.txt”が保存されます。
・[LOAD]ボタンで直前に保存されたポーズ情報を読み込みます。

シナリオコマンドからポーズ読込

“Pose.txt”の内容はシナリオコマンドで記述されているので、そのままシナリオに組み込むことも可能です。コピペでも良いのですが、$loadfileコマンドを使うと1行で記述することができます。※

※Picutresフォルダに保存されたPose.txtを読み込むシナリオコマンド

$loadfile=Pictures\Pose.txt

現状の制約

・シーンセーブ[5スロット]にはポーズ情報は反映されません。
・デフォルトポーズ([S]キー)以外のポーズをベースに編集した場合、それを再編集したり表示する場合は、ポーズ情報を読み込む前にそのポーズを再生しておく必要があります。

HachiViewerPlus

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA