※3.0α5c では現状[SHIFT]+[CTRL]+[キー]設定が使えません。

現状は以下の3つのショートカットモードが用意されています。

  1. [Shift]キーを押した後のショートカット入力
  2. [Ctrl]キーを押した後のショートカット入力
  3. [Tab]キーを押した後のショートカット入力

GUIを表示している際は、上記のいずれかのキーを入力すると画面下部に[Shift Command>>]のようにメッセージが表示されます。※GUIを非表示にした状態でも利用することができます。

例)モデルが表示されている状態で[Shift]キーを押し、[Shift Command>>]が表示されたのを確認したら続けて”BYE”と入力すると、モデルが手を振ります。

例)[CTRL]キーを押し、[Control Command>>]が表示されたのを確認し、続けて”FLAME”と入力、そして[ENTER]キーを入力すると炎のエフェクトが表示されます。

各コマンドの特徴と設定

[Shift Command]
最大3文字のショートカットコマンドです。3文字目が入力されると自動的にコマンドが実行されます。1~2文字のコマンドは[ENTER]キーを押すことで実行することができます。

設定ファイル(streamingAssets/shortcut.txt)には以下のように記述します。
[3文字までのアルファベット] , シナリオコマンド

例)BYE,$motion19%%$blinkoff%%$joy
BYEと入力されたら、手を振るモーションを再生し、瞬きを止めてから、笑顔にします。

例)W,$quickpose
”W”+[ENTER]キーで、ポーズパネルの表示切替


[Controll Command][Tab Command]
20文字までのショートカットコマンドです。[ENTER]キーでコマンドが実行されます。

設定ファイル(streamingAssets/shortcut.txt)には以下のように記述します。
[Controll Command]はコマンドの先頭に”$””をつけます。

例)$GOODBYE,$motion19%%$blinkoff%%$joy
“GOODBYE”と入力されたら、手を振るモーションを再生し、瞬きを止めてから、笑顔にします。

[Tab Command]はコマンドの先頭に”!”
例)!GOODBYE,$motion19%%$blinkoff%%$joy
“GOODBYE”と入力されたら、手を振るモーションを再生し、瞬きを止めてから、笑顔にします。

※[Controll Command]と[Tab Command]は設定ファイルに記述する際の冒頭文字が違うだけで機能は同じです。ライブ配信で使いやすいように、[Controll Command]にはモーション系、[Tab Command]にはエフェクト系のショートカットなど使い分けるためのものです。

Category
HachiViewerPlus

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA